エステに行こう!

エステに関する知識を公開♪ 脱毛・シミ取り脂肪吸引等など・・・

2012年

10月

Category:
エステ全般

お試しからね



姉に言われて、試す気になったルナメア
いうコスメ。

姉は前々から使っていて、毛穴が気にならなく
なったとのこと。

うちの家系は全員毛穴が開いている・・・

ここはほんと遺伝してほしくなかったな・・

とりあえず姉のように肌がきれいになればと
期待を込めて使います。

2011年

10月

Category:
脱毛

脇の脱毛と女性ホルモンの関係

女性ホルモンの分泌は、脇脱毛と関わりがあるものです。エステなどでは脇のムダ毛の量や範囲により、脱毛処理に掛かる料金が違うケースもあるようです。脇の脱毛処理方法はさまざまありますが、脇の毛やムダ毛、頭髪の毛が濃い薄い、毛の量が多い少ない、といった差には女性ホルモンと男性ホルモンが関係している、とされています。男性ホルモンが毛穴の数に作用しますが、生まれたばかりの頃は男女問わず毛穴の数は同じくらいのようです。毛包の数は14歳までが目安となり、一人一人が毛包が成長したり、退化するなどして変化します。頭髪以外の毛は、女性ホルモンの活発化で抑えられます。女性ホルモンの多い人は、脇の脱毛処理が比較的簡単になる傾向もあります。ホルモンの分泌は遺伝だけでなく、健康状態、ストレスなども影響するので、脇などのムダ毛の量にもかなりの個人差があります。女性ホルモンの分泌量によってムダ毛の量や脇毛の再生スピードは変わりますが、年齢やストレスの影響もあるといいます。女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用がある大豆イソフラボンを摂取することで、美肌効果やムダ毛の再生を抑える効果が期待できるとされているようです。大豆イソフラボンを多く含む贖罪としては、大豆そのものの他に豆乳や豆腐、納豆などがあります。脱毛後に使うローションやジェルに、大豆イソフラボンを配合した豆乳ローションや豆乳ジェルを用いることで、保湿や美肌だけでなく新たな毛の発育を抑えられます。

白ニキビ 治し方

2011年

10月

Category:
フェイスリフト

頬のたるみの原因

頬のたるみの原因としてまずあげられるのが皮膚の弾力の衰えであり、いわゆる老化現象のひとつとされています。コラーゲンの生成によって、肌は弾力が維持されています。年齢によって真皮で作られるコラーゲン量が変わることで頬のたるみが目立つようになり、皮膚がたるむと言われています。若い頃は皮膚の隅々まで送り届けられていた栄養成分が、年齢と共に血流が悪くなって流れづらくなり、コラーゲンの生成が追いつかなくなるようです。加齢の他にも、頬のたるみの理由は存在します。イライラが募る日々や、長時間肌を紫外線にさらす生活をしていると活性酸素が多くなり、皮膚中のコラーゲン量を減らしてしまいます。何らかの理由で脂肪がいきなり増えると、その重みをキープする皮膚の弾力や筋肉が足りずにたるみの原因になります。脂肪が急に減ることもたるみの要因になります。脂肪があった部分の皮膚が余剰になり、たるみができてしまうのです。皮膚の下に存在していた表情筋が、皮膚の弾力がなくなったことで支えを失い、たるみになることもあります。年を取って筋肉量そのものが少なくなることも、頬のたるみになります。顔がむくみやすいという人も、たるみになるようです。水分は多めに摂取していても、老廃物の排出などを怠っていると体の中にはいらない水分ばかりが増え、滞っている水分が皮膚をたるませ、むくみを形成します。ブルドックを連想するような頬のたるみには、様々な理由が存在しています。

身長伸ばすのは・・・本当に難しい?

2011年

10月

Category:
栄養

美容に欠かせない栄養の相互関係

ミネラルやビタミンは美容や健康効果があるとされている栄養素ですが、何から摂取できるのでしょう。ミネラルと呼ばれる栄養素は、主に、魚介類、海草、レバー、牛乳、大豆などの食品に多く含まれています。ビタミンは卵黄、緑黄色野菜、レバーなどの食品に多く含まれています。美容効果がある果物は色々なものがありますが、これらに含まれる栄養素はどういったものでしょう。フルーツに多く含まれており、美容に役立つとされる栄養素は、ビタミンCです。潤い豊かなお肌を保つには、コラーゲンを作る元になるビタミンCが欠かせないのです。美容を保つために生成したい栄養成分が、ビタミンCによって確保できるというわけです。ビタミンCのように、直接的な効果でなくても補助的な意味として美容効果がある栄養には、色々なものがあります。ビタミンCは鉄を効率的に体内に取り入れることができる栄養素です。鉄は、ビタミンB群による代謝スピードのアップに効果的な栄養素です。マグネシウムはビタミンCの補給に必要な栄養素であり、活性化を促すには銅を取り入れることが大事です。食事などから摂取したビタミンB3を速やかに体内に取り入れるにはリンの摂取が役立つなど、栄養素同士は互いに作用しています。効果があるからと、特定の栄養素ばかりを摂取するのではなく、不足しがちな栄養素の相互関係について知ることで、より一層美容に役立つ摂取方法と成り得るのです。

子供 身長を伸ばす

2011年

10月

Category:
増毛

抜け毛の予防対策について

この頃は抜け毛を気にする女性も少なくありません。抜け毛を予防するための女性用シャンプーや女性用育毛剤もよく見かけます。髪は女性にとって肌の美しさと同じくらい大事な部分で、それだけに抜け毛の問題は深刻です。抜け毛で悩んでいる人の中には、化粧品を選ぶ時ように、シャンプーや育毛剤、頭皮をマッサージするブラシなどのうち、どれを買っていいのか悩んでしまうこともよくあります。抜け毛防止に有効な成分は何で、どのような取り組みが頭髪を増やす効果があるのか知らないという人もいるようです。抜け毛といえば男性の症状ですが、女性の抜け毛はまたそれとは異なります。女性の場合は、頭皮のトラブルや更年期障害、出産後のホルモンバランスの崩れなどが原因で、抜け毛になりやすい、と言われています。女性ホルモンによく似たエストラゲンと同様の効果を持つ成分に、大豆イソフラボンがあります。そのため、女性の抜け毛の予防には、納豆や豆腐など大豆製品がおすすめです。成長を促進するホルモンは、夜11時から夜中の2時にかけてが活動時間帯です。夜中の時間帯にしっかりと眠ることも、抜け毛の予防対策として効果的な方法の一つです。しっかり睡眠を取ることと、大豆製品を積極的に摂取することは、女性の抜け毛だけでなく男性の抜け毛に対してもある程度の予防効果があるといいます。男性の場合は、男性ホルモンが多ければ多いほど抜け毛や薄毛体質になりやすいようです。そのため男性用の抜け毛予防には、男性ホルモンの働きを阻害する成分が配合されているものもあります。

シトルリンXL

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約