エステに行こう!

エステに関する知識を公開♪ 脱毛・シミ取り脂肪吸引等など・・・

2011年

01月

Category:
シミ取り

フォトフェイシャルとしみ改善の内容




フォトフェイシャルとは近年新しい美容施術で、肌のコラーゲンで作り出されるコラーゲンを増やす効果があると言われています。フォトフェイシャルとは、フェイシャルエステの技術の粋をこらしたものといえるでしょう。フォトフェイシャルは、肌を実年齢よりずっと若くキープすることを目的としています。体験した人の多くが、しみ改善や肌の潤い、張りなど肌が年齢に反して若返ったという印象を持っている場合が多いようです。フォトフェイシャルは、今のところは医療機関でのみ行われる美容施術です。しみなどの治療を目的に、何回かフォトフェイシャルを受けることになります。光を使用すると聞くと、レーザー治療が頭に浮かぶ方も多いのでは無いでしょうか。フォトフェイシャルの光は、レーザー光と違って1種類だけでできてはいません。顔じゅうに多くの波長からできたフォトフェイシャルの光をあてることで繊維芽細胞の活動を促進し、肌のコラーゲンを増加させてしみやしわ対策にするわけです。フォトフェイシャルの光は肌への負担がより少ないというメリットがあるので、施術後に肌を復活させるためのダウンタイムが不要です。お化粧なども直ぐにできるのが大きな特徴です。全ての人がフォトフェイシャルで問題を生じないというわけではないようです。肌の状態によっては、フォトフェイシャルの光でしみが増えてしまったという場合もあるので要注意です。しみを消すことを目的にフォトフェイシャルを利用する時は、あらかじめカウンセリングで相談をすることが大事です。


2010年

09月

Category:
シミ取り

フォトフェイシャルとしみ対策




フォトフェイシャルとは1988年にアメリカで開発されたアンチエイジングの最新技術と言われています。フォトフェイシャルは、しみやしわ等、女性の肌の悩みを解決するとされています。色々な波長の光によってフォトフェイシャルは構成されています。キセノンランプによる光であり、肌に照射することでしみやくすみの改善、肌のリフトアップにいいといいます。フォトフェイシャルによって皮膚の繊維芽細胞の働きが活発になり、美肌に必要なコラーゲンの体内量が増加します。オキシヘモグロビンやメラニンに反応するのもフォトフェイシャルの特性で、これらの成分にあたると熱を発生し選択式にダメージを与えます。色素沈着や毛細血管拡張が気になる方にお勧めの方法です。フォトフェイシャルは、しみ、そばかす、くすみ、張り、しわ、たるみ、毛穴の開き等の肌のトラブルを、肌の内側から改善するのに役立ちます。フォトフェイシャルとは医療機関で行われる美容施術であり、美容クリニックや医療クリニックで取り扱われています。数回繰り返し行うことで、しみ改善などのフォトフェイシャルの効果が実感できるとされています。リフトアップはしみやにきびの改善だけでなく、肌をキュッと引き締めて輪郭をシャープにする効果があると言われ、顔や首など広い範囲に施されます。ただし、肌が日焼けに弱い場合や、日焼けをしており肌の色が濃くなっている人はフォトフェイシャルでしみが増える場合もあります。気になるしみや目立たなくしたいしみが肌にある時は、フォトフェイシャルのカウンセリング時によく相談してください。





2010年

08月

Category:
シミ取り

レーザー美顔器の注意点

レーザー美顔器の注意点


レーザー美顔器は個人が使えるよう様々な工夫が施されていますが、レーザーを用いる上では気をつけたいポイントがあります。目に良くないことは、まず知っておくべきことでしょう。皮膚のしみやくすみの原因となるメラニン色素が黒いことを利用し、黒に反応するレーザーが使われています。メラニン色素は目にも存在しており、目の色が黒い理由でもあります。レーザーの光をまともに目に受けると目に負担がかかりますので、目尻に使う時などは要注意です。アトピー疾患やアレルギーなど皮膚疾患がある人や薬を服用中の人も気をつけましょう。いきなり肌の目立つ部分にレーザー美顔器を使ってみるのではなく、手始めに目につきにくいところにあててみて、どうなるかチェックしてください。また、レーザー美顔器の取扱説明書には、肌に傷のある部分やホクロには使わない、日焼けした肌には使わないなどの注意書きがあります。レーザー美顔器の使用前にはよく読んでから使いましょう。1日に1回程度の使用が多くのレーザー美顔器の使用回数の上限であり、何回も使っても効果が強化されたりはしません。何度も繰り返し使っていると、美肌になるところか、肌の状態が悪化してしまいます。レーザーでの美顔施術は、家で使える美顔器だけでなく、エステの美顔コースや皮膚科の施術など様々なものがありますので、今の自分に最も合うものを探しましょう。

2010年

08月

Category:
シミ取り

レーザーと美顔


お肌に消えないシミやにきび痕があるために、レーザー美顔を使うという人もいます。美容クリニックなどで行われているレーザー美顔では、毛穴を目立たなくしたり肌を引き締めたりというものもあります。シミは薄いものはビタミンを毎日飲んだり、美白クリームなどを使うときれいになることもあります。目立つシミやにきび痕では、これらの方法では消しきれないものも少なくはないようです。肌トラブルへの絶大な効果があると言われると欲しくなりますが、常に問題解決とはいきづらいようです。美肌になるレーザー施術は、利用者が増えています。常に気になっていたシミやニキビ痕を目立たなくすることが期待できます。レーザー美顔のメリットは、何ヶ月か使い続けなければならないクリームや飲み薬より短時間で効果が出ることです。3週間に1回程度のレーザーで薄くなるのは、本当に便利だといえます。レーザーはエステや皮膚科など受けると1回の料金が2万から5万円ぐらいかかり、金額的にはなかなか大きい出費といえます。シミなどの肌の状態により、3回から5回ぐらいはレーザー美顔を受けないと完全には取れないなどの問題もあります。シミやニキビ痕がコンプレックスになっていたり深刻な悩みを抱えているなら、少々割高でも、レーザー美顔をしてみるべきかもしれません。

2010年

07月

Category:
シミ取り

・シミ取りとレーザー治療



シミ対策として、専門機関ではシミ取り効果のあるレーザー光をあてる処置を行っています。高出力のレーザーでシミを取り除くわけです。レーザーで皮膚の下にある真皮層のメラニン色素だけを破壊することが出来るのです。現在では、シミの状態や種類に応じて様々なレーザー機器が開発されています。この頃注目されているシミ取りの機器はフォトフェイシャルというもので、広範囲のシミ取り効果があります。フォトフェイシャルは、シミやそばかす、顔のくすみなどを取りたい場合にも効果があるそうです。施術当日でも化粧やシャワーが可能なので、軽い気持ちでシミ取り施術に挑戦したいという人にはフォトフェイシャルはとても注目されています。レーザー治療の良い所と悪い所を調べてみました。シミ取りをレーザーで行う際のいいところは、部位を狭めての施術が可能なので狙ったシミを取れるという点です。ピンポイントで治療することが可能な点です。短時間ででき、治療後に傷ができることはほとんどありません。シミ取りをレーザーで施すことの弱点は、ゴムをぱちんと弾いたような痛みがあることや、施術部位には一週間くらい赤黒い痕跡ができることです。数も少なく小さなものなら、目立たなくて良いのですが、顔の目立つところにあるものや大きいものの時は多少躊躇してしまうかもしれません。日数が経過するに従って痕跡も薄くなりますので、シミ取りができるならそれでも構わないという人はレーザーによるシミ取りを選択するようです。

HGH21Program
HGH-21Programってどんな効果が??使う前に気になるのが口コミ情報ですよね。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約