エステに行こう!

エステに関する知識を公開♪ 脱毛・シミ取り脂肪吸引等など・・・

2011年

10月

Category:
脱毛

脇の脱毛と女性ホルモンの関係

女性ホルモンの分泌は、脇脱毛と関わりがあるものです。エステなどでは脇のムダ毛の量や範囲により、脱毛処理に掛かる料金が違うケースもあるようです。脇の脱毛処理方法はさまざまありますが、脇の毛やムダ毛、頭髪の毛が濃い薄い、毛の量が多い少ない、といった差には女性ホルモンと男性ホルモンが関係している、とされています。男性ホルモンが毛穴の数に作用しますが、生まれたばかりの頃は男女問わず毛穴の数は同じくらいのようです。毛包の数は14歳までが目安となり、一人一人が毛包が成長したり、退化するなどして変化します。頭髪以外の毛は、女性ホルモンの活発化で抑えられます。女性ホルモンの多い人は、脇の脱毛処理が比較的簡単になる傾向もあります。ホルモンの分泌は遺伝だけでなく、健康状態、ストレスなども影響するので、脇などのムダ毛の量にもかなりの個人差があります。女性ホルモンの分泌量によってムダ毛の量や脇毛の再生スピードは変わりますが、年齢やストレスの影響もあるといいます。女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用がある大豆イソフラボンを摂取することで、美肌効果やムダ毛の再生を抑える効果が期待できるとされているようです。大豆イソフラボンを多く含む贖罪としては、大豆そのものの他に豆乳や豆腐、納豆などがあります。脱毛後に使うローションやジェルに、大豆イソフラボンを配合した豆乳ローションや豆乳ジェルを用いることで、保湿や美肌だけでなく新たな毛の発育を抑えられます。

白ニキビ 治し方

2011年

10月

Category:
脱毛

男性の脱毛

最近は、脱毛に熱心な男性が増加傾向にあります。外国人とは違い、日本や中国などアジアの男性は、体毛が薄いと一般的には言われています。男性の中には、頭髪の減少が気になる方がいる一方で、胸毛や背中の毛、手の甲や足の甲の毛などを気にしている人もいるようです。これまで、脱毛とは女性の専売特許と捉えている人が多かったようですが、この頃は男性を対象とした脱毛サービスも人気があります。男性は、美容のために脱毛ケアをするというより、エチケットや清潔感、ひげそりに時間をかけたくないからというう動機が主体です。体毛が多い体質の人は、朝のひげ剃りでも肌が青く残ったり、1日に2度目のひげ剃りをしなければならない場合もあります。1日に2回もひげ剃りをすると、かみそり負けになりやすく、炎症を起こしたり、にきびになってしまったりするので、なかなか手間がかかります。そんな悩みを抱える男性なら、毛の再生を抑える脱毛ができればぜひ利用したいと思うことでしょう。ひげは他の体毛より濃く、剛毛な人が多いようです。わずかでも残っていると目につくため、深剃り気味になる傾向があります。しかし、深剃りも度がすぎると肌に負荷がかかることになり、肌のにきびや荒れなどのトラブルを引き起こすことが多いようです。体質的にひげが濃い人は、深剃りになりやすくひげ剃りに費やす時間も長くなりやすいですが、ひげ脱毛をすることでひげ剃りにかかる時間を減らすことが可能です。脱毛によって男性の悩みが解放されるのであれば、ひげに悩む多くの男性が利用することでしょう。

インディアン伝承シャンプー効果

2011年

10月

Category:
脱毛

光脱毛のメリットについて

大きく分けると3つほどあるのが、光脱毛のメリットです。光脱毛のメリットとしてまず最初にあげられるのは、レーザー脱毛などの他の脱毛方法と比較して痛みが少ない事です。痛みが少ない光脱毛は、エステサロン等でも人気の脱毛方法の1つとなっています。手足や腋の下、眉毛の下など脱毛したいと考えている場所にもよりますが、ニードルによる脱毛やレーザー脱毛の場合は、痛みがあります。脱毛時に痛みを強く感じやすいのは、脱毛場所の中では特に顔やVラインの皮膚などの繊細な部分ではないでしょうか。光脱毛の場合人気があるのは、ニードル脱毛のように皮膚に針を刺す事が無く、光を皮膚に照射するだけの痛みがほとんど無いのが最大のメリットでもあるからではないでしょうか。脱毛処理時に痛みがほとんど無く出来る方法であれば、脱毛範囲が広くて複数回に渡って脱毛処理しなければならない場合でも、苦なく続けられるので精神的にも楽です。脱毛方法を選択する際には、脱毛時の痛みについては、非常に重要なポイントとなるでしょう。脱毛方法を比較検討する時には、安全性についても忘れてはならないことではないでしょうか。針を皮膚に刺すので痛みを伴うだけでなく、ニードルによる脱毛の場合は差した針に電気を流すので、トラブルもけっこうあります。やけどや水ぶくれ、色素沈着などの問題が起こる事が、皮膚に流した電気が強すぎるとあるといいます。最近人気の光脱毛の場合は脱毛に適した波長の広い光なので、波長の長いレーザーなどで使われる光ではなく、安全で肌にも優しいものだそうです。光脱毛は産毛や軟毛も脱毛できるので、他の脱毛方法に比べて、脱毛できる範囲が広いのが特徴でもあります。色の薄い産毛などの場合は、レーザー脱毛の光は色に反応するので、脱毛する事ができない場合がありますが、色の薄い場所でも脱毛する事ができる光脱毛の場合は、きれいに脱毛したい部分が限定されることが無くすることができるようになっています。

顔 たるみ

2011年

10月

Category:
脱毛

永久脱毛と口コミ

どのような永久脱毛の口コミがあるのでしょう。たくさんの女性が悩んでいるのが、ムダ毛です。どうにか冬の間は長袖を着るので隠せますが、薄着になる季節は特に気になってしまいます。わきの下のムダ毛処理は、特にノースリーブを着ると見えてしまうので、女性のほとんどが行っているでしょう。近頃では口コミなどの影響もあり人気があるのが、永久脱毛だそうです。おかげでよく聞くのは、面倒な手入れはもういらなくなった、という話です。永久脱毛をするには、方法は大きく分けて2つです。エステで行うか、美容整形外科で行うかということになります。口コミなど、事前に情報を収集することも、店舗によってもさまざまな違いがあるので重要です。インターネットの美容に関するサイトは特に口コミの投稿も多いので参考になるでしょう。大手チェーン店などは全国に店舗がありますが、永久脱毛に使う器械も大体統一されているようです。口コミ投稿があれば非常に役立つでしょう。永久脱毛はエステで施術する場合、永久脱毛という言葉を使わずに完全脱毛などと表示をしているケースもあります。これは重要なポイントで、永久脱毛が医療行為とみなされ、免許のないところでは施術できないからです。口コミには施術後の経過や、本当に永久脱毛効果があるのかなど、詳しく書き込みされていることも多いようです。いろいろな永久脱毛の口コミサイトで検索してみてはいかがでしょうか。

頬 脂肪

2011年

02月

Category:
脱毛

全身脱毛の方法




光を照射する光脱毛、レーザー光を用いるレーザー脱毛、針に電気を通す電気脱毛が全身脱毛での基本的な方法となります。レーザーを使うレーザー脱毛で全身のムダ毛を処理するところが多いようですが、全身に施すなら電気針でもいいでしょう。ニードルを使い、電気を通すというこの脱毛方法は痛みが強く施術時間もかかります。1つずつの毛穴に針を入れて通電するためです。ムダ毛の状態には個人差がありますが、わきの処理だけで1年かかってしまう場合もあります。あまりに痛くて、脱毛を中断せざるをえないという人もいるほどです。痛いことが苦手だという人は光脱毛やレーザー脱毛にした方が無難かもしれません。皮膚にレーザー光を照射し、毛根の再生能力を失わせるのがレーザー脱毛の内容です。痛みの程度は軽く、レーザーをあてた時にゴムをパチッとした程度のものです。レーザー脱毛の利点は短い時間で広い範囲の脱毛ができること、肌へのダメージが少ないことで、全身脱毛に利用する人が増えています。この頃は、光脱毛で全身のムダ毛を処理する方もいます。レーザー脱毛と同じように毛穴に照射しますが、レーザーよりも弱い光なので、痛みはほとんど無く、光脱毛は肌に優しい脱毛方法といわれています。費用が安く済むことも光脱毛のいいところで、リーズナブルな脱毛がしたい人に喜ばれています。体の様々の部位を脱毛することになる全身脱毛は、軽々しく決められるものではありませんので、じっくり下調べをして納得のいく方法を探しましょう。






DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約