エステに行こう!

エステに関する知識を公開♪ 脱毛・シミ取り脂肪吸引等など・・・

2011年

10月

Category:
フェイスリフト

頬のたるみの原因

頬のたるみの原因としてまずあげられるのが皮膚の弾力の衰えであり、いわゆる老化現象のひとつとされています。コラーゲンの生成によって、肌は弾力が維持されています。年齢によって真皮で作られるコラーゲン量が変わることで頬のたるみが目立つようになり、皮膚がたるむと言われています。若い頃は皮膚の隅々まで送り届けられていた栄養成分が、年齢と共に血流が悪くなって流れづらくなり、コラーゲンの生成が追いつかなくなるようです。加齢の他にも、頬のたるみの理由は存在します。イライラが募る日々や、長時間肌を紫外線にさらす生活をしていると活性酸素が多くなり、皮膚中のコラーゲン量を減らしてしまいます。何らかの理由で脂肪がいきなり増えると、その重みをキープする皮膚の弾力や筋肉が足りずにたるみの原因になります。脂肪が急に減ることもたるみの要因になります。脂肪があった部分の皮膚が余剰になり、たるみができてしまうのです。皮膚の下に存在していた表情筋が、皮膚の弾力がなくなったことで支えを失い、たるみになることもあります。年を取って筋肉量そのものが少なくなることも、頬のたるみになります。顔がむくみやすいという人も、たるみになるようです。水分は多めに摂取していても、老廃物の排出などを怠っていると体の中にはいらない水分ばかりが増え、滞っている水分が皮膚をたるませ、むくみを形成します。ブルドックを連想するような頬のたるみには、様々な理由が存在しています。

身長伸ばすのは・・・本当に難しい?

2011年

10月

Category:
フェイスリフト

フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトにはどういったリスクがあるでしょう。顔のしわやたるみをとることに効果的なフェイスリフトです。フェイスリフトは皮膚を切ったり縫ったりするため、ある程度は危険性を伴います。フェイスリフトの多くはメスで切開するので、100%傷になります。傷はできるだけ見立たないようにつけるのですが、見る人が見たら間違いなくわかるものです。メス不要の方法も存在しますが、やはり切除する方がしわもたるみも取れます。効果の高いフェイスリフトは、1週間経っても顔はむくんでいます。顔をはがして、中の靭帯などを治すため、痛みもあります。靭帯や筋肉の位置を変えるのではなく、リフトアップ用のリボン、糸、プレートを皮膚に挿入するフェイスリフトもあります。メスで切る範囲が小さかったり、切らずにできるというメリットがあります。皮膚を切らないフェイスリフトはむくみや腫れが出にくく、次の日から出勤も問題なくできるので軽い気持ちで受けることができます。5年〜20年でフェイスリフト効果が失われることや、メスを用いる方法ほど劇的な引き上げ効果はないことが欠点といえるでしょう。フェイスリフトは顔の神経を傷つけてしまう恐れもあります。最悪、施術後表情が変わったり、まぶたが閉じにくくなることもあります。フェイスリフトのための美容外科を探す時は、技術力や実績に定評があるところにするべきです。

リバイタラッシュ 正規品

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約