エステに行こう!

エステに関する知識を公開♪ 脱毛・シミ取り脂肪吸引等など・・・

2011年

10月

Category:
フェイシャル

乾燥肌の対策

乾燥肌のお手入れに悩む女性は少なくないようですが、乾燥肌に対する適切な対策とは何でしょうか。洗顔後のツッパリ感は、乾燥肌の症状の一つとも言われています。乾燥肌はしわの原因になるので対策が必要になります。化粧品や美容液で肌に保湿に必要な成分を補充しているという方も少なくないようです。ヒーターやエアコンを使う冬場は、建物の中も外も乾燥しやすい季節です。皮膚が乾燥しすぎると、かゆさを覚えるようになる人も多いようです。冬は汗の量も減りますから、皮膚がますます乾いて皮膚がガサガサになってしまう方もいます。乾燥の進んだ肌はわずかなこすれやひきつりにも反応しかゆみが増しますので、早い段階での乾燥肌対策が重要になってきます。海外の乾燥がひどい地域では、体中にクリームを塗ることもあります。ぬるっと感じるほどたっぷり大量に塗れるように、ボディクリームはポンプタイプのものを使うことが多いようです。日本でも、ローションやボディクリームを全身に塗って乾燥肌に水分を補充する人もいます。乾燥肌に悩まされているという人は、冬の乾燥で肌の水分が不足しないよう、ワセリンや保湿にいい成分を使ったクリームをこまめに使っていることもあります。肌の乾燥が原因で湿疹ができると治療が難しいので、あらかじめの対策が重要です。肌の乾燥によって起きる肌トラブルや唇の荒れは、乾燥肌対策でしっかり予防しましょう。冬は髪にも乾燥対策をしておきたいものです。

アルトインナーギア 評判

2011年

10月

Category:
脱毛

永久脱毛と口コミ

どのような永久脱毛の口コミがあるのでしょう。たくさんの女性が悩んでいるのが、ムダ毛です。どうにか冬の間は長袖を着るので隠せますが、薄着になる季節は特に気になってしまいます。わきの下のムダ毛処理は、特にノースリーブを着ると見えてしまうので、女性のほとんどが行っているでしょう。近頃では口コミなどの影響もあり人気があるのが、永久脱毛だそうです。おかげでよく聞くのは、面倒な手入れはもういらなくなった、という話です。永久脱毛をするには、方法は大きく分けて2つです。エステで行うか、美容整形外科で行うかということになります。口コミなど、事前に情報を収集することも、店舗によってもさまざまな違いがあるので重要です。インターネットの美容に関するサイトは特に口コミの投稿も多いので参考になるでしょう。大手チェーン店などは全国に店舗がありますが、永久脱毛に使う器械も大体統一されているようです。口コミ投稿があれば非常に役立つでしょう。永久脱毛はエステで施術する場合、永久脱毛という言葉を使わずに完全脱毛などと表示をしているケースもあります。これは重要なポイントで、永久脱毛が医療行為とみなされ、免許のないところでは施術できないからです。口コミには施術後の経過や、本当に永久脱毛効果があるのかなど、詳しく書き込みされていることも多いようです。いろいろな永久脱毛の口コミサイトで検索してみてはいかがでしょうか。

頬 脂肪

2011年

10月

Category:
エステ全般

わきがの手術方法について

いろいろとわきがを治療するための手術方法があるといいます。適切な方法でわきがに対処するには、信頼できる病院やクリニックに相談をして自分に合う治療法を探しだすことも重要ではないでしょうか。知識を得るためにも、わからない点や不安な点はどんどん聞いてみましょう。複数のクリニックで、わきがの手術についてのカウンセリングを受けてみてもいいでしょう。有効なのは、電話相談やネットでの無料相談です。臭いの原因となるアポクリン汗腺を、わきがの手術では除去するようです。体温調節機能などには、人間の汗腺は体じゅうにあるため、わきの下の汗腺だけを切除しても支障はないといえます。近年注目されている最先端のわきが手術方法は、超音波を用いた手術方法です。わきがの直接の原因となるアポクリン腺だけでなく、間接的な原因となっているエクリン腺や皮脂腺も超音波で破壊し取り除く手術方法です。手術痕が従来の方法に比べて小さく、短時間で終わり、再発可能性が低いというのがメリットだそうです。これ以外のわきがの手術方法としては、脂肪吸引を応用した方法でアポクリン腺やエクリン腺を吸引する皮下組織吸引法、医師が自分の目でアポクリン汗腺を確認しながら取り除く剪除法、スプーンのような器具を使って汗腺を掻き出す皮下組織掻爬法などがあるといいます。どのような手術方法も利点や欠点があるそうです。大切なのは、どのわきがの手術を受けるにせよ、正しい知識を知っておくということです。

二重あご 改善

2011年

10月

Category:
フェイスリフト

フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトにはどういったリスクがあるでしょう。顔のしわやたるみをとることに効果的なフェイスリフトです。フェイスリフトは皮膚を切ったり縫ったりするため、ある程度は危険性を伴います。フェイスリフトの多くはメスで切開するので、100%傷になります。傷はできるだけ見立たないようにつけるのですが、見る人が見たら間違いなくわかるものです。メス不要の方法も存在しますが、やはり切除する方がしわもたるみも取れます。効果の高いフェイスリフトは、1週間経っても顔はむくんでいます。顔をはがして、中の靭帯などを治すため、痛みもあります。靭帯や筋肉の位置を変えるのではなく、リフトアップ用のリボン、糸、プレートを皮膚に挿入するフェイスリフトもあります。メスで切る範囲が小さかったり、切らずにできるというメリットがあります。皮膚を切らないフェイスリフトはむくみや腫れが出にくく、次の日から出勤も問題なくできるので軽い気持ちで受けることができます。5年〜20年でフェイスリフト効果が失われることや、メスを用いる方法ほど劇的な引き上げ効果はないことが欠点といえるでしょう。フェイスリフトは顔の神経を傷つけてしまう恐れもあります。最悪、施術後表情が変わったり、まぶたが閉じにくくなることもあります。フェイスリフトのための美容外科を探す時は、技術力や実績に定評があるところにするべきです。

リバイタラッシュ 正規品

2011年

10月

Category:
エステ全般

クレンジングジェルの特徴

クレンジングジェルとはどういったものでしょう。ジェルは透明か半透明の商品が多いようです。手のひらの上で伸ばすと、オイルのような状態になるものも存在します。強くこすらずとも使えて、ぬるま湯でサッと洗い流せるクレンジングジェルは、肌への刺激がマイルドです。クレンジングジェルには、オイル型と高分子型の大きく2種類があります。オイル型は、オイルクレンジングと同じ原理です。オイルの界面活性効果でメイク汚れや皮脂汚れを一旦浮かせた上で、汚れを乳化されて洗い流せる状態にします。高分子タイプは、水溶性高分子という成分が、肌の汚れを落としてくれるのです。クレンジングジェルは、適度に水分を残し、皮脂の分泌量を調整してくれる効果があります。皮膚のくすみ対策をしたい方や、皮脂を減らしたい人にはクレンジングジェルがおすすめです。ただし、オイル状のクレンジング剤を使っていた人がジェルに切り替えると、洗い上がりの感触が軽くメイクがついたままではないかと感じるようです。肌のためには、肌のバリア機能を弱めたりたんぱく質を変質させるといわれる界面活性剤が入っていない高分子タイプのジェルがお肌のためには良いのです。クレンジングジェルが肌に優しいといわれるのは、このような成分のためです。

ビーグレン効果

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約